【概要】
JDXは、アンプ専用のダイレクトボックスです。
アンプサウンドをマイクへのカブリやノイズなどの影響を受けずに、PA、レコーディングシステムに送ります。
JDXは一般的なDIボックスとは異なります。
一般的なDIボックスは、アンプに入力する前の信号をミキサーやレコーダー等に送ります。
しかし、JDXはアンプとスピーカーの間に接続し、アンプの出力信号を送ります。
JDXは独自の技術で、アンプサウンドを可能な限りナチュラルに送ります。
アンプからの信号は、まず、独自のリアクティブ回路に入ります。
そのリアクティブ回路が、変化するアンプとスピーカーの反応を追従し、アンプのダイナミック・レスポンスを保ちます。
続けて、アクティブ多段フィルターがスピーカーの周波数特性を再現します。
最終的にJDXのクラスAバッファー・アンプを経てPA、レコーディングシステムに送ります。
ベースやアコギでは、ナチュラルでクリーンなサウンドを得るため、一般的なDIが、最も良いサウンドを得られます。
しかし、エレキ・ギターは、アンプとスピーカーが、サウンドに重要な役割を果たしています。
そのため、ギターアンプ(スピーカー)の前にマイクを立てての収音が一般的です。
JDXは、プレイヤーのアンプ・サウンドをダイレクトに、ミキサー、レコーダーに送ります。
このことで、マイクを使用しない安定したサウンドを実現します。
この安定したサウンドは、インイヤーモニターを使用するシステムでは非常に効果的です。
インイヤー・モニターでは、マイク位置のわずかなズレや、ウインド・ノイズ等の影響が大きく、モニタリング環境を悪化させます。JDXは、マイク使用時のカブリや、ウインド・ノイズ等の影響がない、安定したモニターサウンドを実現します。


【特長】

[ギターアンプ専用]

マイクへのカブリ等、外的環境の影響を受けない、クリアーで安定したサウンドを、PAミキサー、レコーディングシステムに出力。
マイク信号とアンプ・ダイレクト・サウンドのミックス等、様々に使用可能です。
マイク信号よりも、クリアーで安定したモニター・サウンドを得られ、インイヤー・モニターにも最適です。

[スピーカーとアンプの相関関係を再現]
アンプとスピーカーの組み合わせで生じる現象と、音色に反応するリアクティブロードの役割を再現するトランスを搭載しています。
これにより、アンプとスピーカーから生まれる音色や相関関係を再現します。

[スピーカー・イミュレーター搭載]
クラスAアクティブ・フィルターを搭載し、4×12クローズ・バックと2×12オープン・バックの中間のサウンドキャラクターを得られます。

[アクティブ・バランス・ドライバー]
出力ドライバー、クラスAアウトプット・ドライバーを搭載。
音質劣化無く、長距離を転送するバランス信号を出力します。
600Ωマイクレベルで出力するので、他のマイクと同様にマルチ・ボックスに接続可能です。

[耐久性の高い14ゲージ・スチール・ボディ]
スイッチ、コネクターを保護するブックカバー・デザイン
滑り止めと絶縁を兼ねるフルボトム・パッド


【スペック】
サーキットタイプ:クラス-A 100%ディスクリート
スピーカーイミュレーション :リアクティブ・ロード・バンドバス・フィルタリング
THD:0.005 % @ 1KHz
Amp input :1/4”, 300W max
Speaker thru-put:1/4”, paralleled to amp input
Balanced outputs:XLR 600Ω, -60dB mic-level
XLR ピン配列(AES 標準):pin 1=ground, pin 2=hot(+), pin 3 cold(-)
電源(付属):15VDC, 400mA current draw
サイズ:83Wx126Dx45Hmm
重量:0.7 kg